雨漏り修理の前に調査を行なっている場所を特定する。

雨漏りをそのままにしておくと危険!~修理の重要性~

暴風雨が原因で急な雨漏り修理でも安心~まずは業者に相談~

暴風雨によって雨漏り修理が必要になることもありますが、事前に業者に確認してもらうことで的確な方法で雨漏りを改善することができます。ここでは、業者が行なう雨漏り調査の方法をいくつかご紹介します。

調査方法

目で見て確認
雨漏りしそうな箇所を実際に目で見て、雨水が浸入した形跡がないか調べていきます。基本的に目視調査は無料なので、気軽に依頼してみるといいでしょう。ただし、場合によっては費用が発生することもあるので、事前に確認する必要があります。
雨漏りを再現
散水調査と言って、実際に水をかけて雨漏りするか確かめる方法です。目視調査に比べると時間も手間もかかりますが、確実に雨漏りしている箇所を見つけることができます。屋根に散水する場合は足場を組む必要があるので、どのくらいの費用になるのか聞いておきましょう。
温度差で調査
赤外線サーモグラフィーを用いて、家の中で温度差がある場所を特定する方法です。雨水が浸入していて、断熱材に水が吸収されている場合でも、この方法を使えば温度の変化で雨漏りしているかどうか判別できます。

業者は専門機器などを使って調査してくれるので、自分では気付けなかった雨漏りの箇所も発見できます。自分のニーズに合った調査方法を選んで、確実に雨漏り箇所を見つけてもらいましょう。

必ず業者に任せる

作業員と女性

散水調査は自分でできそうに思えますが、そう簡単な調査ではありません。散水調査を行なうスタッフは、研修を受けて修了試験に合格したプロです。簡単そうに見えても、正しい知識と技術が無ければ、正確な結果を得ることは不可能です。必ず業者に来てもらって調査するようにしましょう。

TOPボタン