応急処置を行なった後は専門業者に修理してもらおう。

雨漏りをそのままにしておくと危険!~修理の重要性~

暴風雨の時でも安心!~応急処置で雨漏り修理を軽減~

自然災害はいつどのタイミングで起こるのかわかりません。そんな不測の事態に、もし雨漏りが発生してしまったら応急処置をすると良いでしょう。ここでは自分でできる対策方法を紹介していきます。

手軽に行なえる応急処置

屋根からの侵入を防ぐ
一番効果的な方法は、屋根にブルーシートを被せるという処置です。この時に、ブルーシートがめくれないようにしっかりと固定します。ただし、屋根の上に登るということは怪我をする危険もあるため、足場が悪い場合や天気が悪い日は避けるのが無難です。
部分的に対策できる
雨が浸入している箇所が特定できているのであれば、防水テープが最適です。テープを貼る前に雑巾などで屋根の汚れを拭き取り、隙間ができないように慎重に貼っていきます。防水テープはホームセンターなどで簡単に手に入りますよ。
カビやシミを防げる
雨が降っている中、屋根に上ると足を滑らせて怪我をしてしまうかもしれません。そんな時は、とりあえず床のカビやシミを防ぐためにバケツを用意しましょう。そうすることで室内の二次被害を防ぐことができます。

雨漏りに気付いたら、上記の応急処置を行なうことで屋内への被害を軽減することができます。一人で行なうには危険な方法もあるので、安全に十分配慮した上で行なうようにしましょう。

無理に行なうと危険

雨漏りの応急処置は自分でできても、雨漏り修理は話が別です。素人が行なうと余計に事態を悪化させてしまうかもしれません。応急処置を行なった後は、すぐに修理業者に依頼して来てもらいましょう。

TOPボタン